iFoto、AI画像デザイン市場への本格参入

iFotoは、プロフェッショナルなAI画像ソリューションをeコマース業界に提供する革新的なプラットフォームであり、最近最先端のAI写真スイートを導入しました。これにより、さまざまなeコマースプラットフォームで製品を表示する方法を変革し、近代化します。この次世代ソリューションは、人工知能(AI)の力を活用して、eコマース企業がプロフェッショナルな製品画像を作成するプロセスを迅速化および効率化し、ブランドの可視性と販売機会を向上させます。

iFoto写真スイートの使命は、未来志向のブランドのための究極のeコマースAIアシスタントとして機能することです。iFotoの旅は、企業が自社および第三者プラットフォームで製品を表示する際に直面する画像関連の課題を解決することにコミットすることから始まりました。iFotoは、ユーザーが作業負荷を簡素化し、オンラインで製品提供を迅速に拡大することによって、主要なeコマースブランドを構築するのを支援します。

iFotoスイート全体は、誰でもAIツールを簡単に利用できるように拡大し、技術的な煩雑さや追加リソースなしで全機能を簡単に活用できるようにします。このツールは、人間のモデル、写真家、またはプロフェッショナルなセットアップの必要性を排除するため、eコマースブランドが画像処理プロセスを迅速化し、ビジネスを効率化するのに役立ち、より多くの販売を促進します。

現在、ユーザーフレンドリーなiFotoのAI写真スイートは以下のソリューションを提供しています:

♦︎ AIファッションモデル

♦︎ AI製品写真

♦︎ AI背景除去

♦︎ AIリカラー

♦︎ AIフェイススワップ

iFotoの日本語ホームページは2024年4月10日に公開されました。日本のユーザーが利用しやすいように、ウェブサイトだけでなく、ツールやデザインリソースも日本の習慣に基づいてローカライズを進めています。iFoto日本公式ウェブサイト:https://www.ifoto.ai/ja

日本のユーザーにより多くのデザインリソースを提供するために、iFotoのプロフェッショナルデザインチームはすべての使用シナリオを調査し、500以上の日本の背景テンプレートをデザインおよび公開しました。また、AIファッションモデルジェネレーターに日本人モデルを追加しました。今後、iFotoは日本のユーザーのニーズに合わせた使いやすいテンプレートをデザインする予定です。

日本語に加えて、iFotoは英語、中国語、韓国語など、他の言語でもグローバルに利用可能です。

iFotoの基本機能は無料ですが、有料オプションも提供しています。海外の類似サイトが主に米ドルで支払いを受け付けているのとは異なり、iFotoは2024年4月から日本円での支払いを受け付けており、日本のユーザーは為替レートの影響を受けずに安心して支払いができます。

iFotoはすべてのデバイスのリソースを統合し、オンラインバージョンおよびアプリ(iOS/Android/Shopify)と相互運用します。これにより、ユーザーは1つのアカウントでiFotoのすべてのサービスにアクセスし、クラウドストレージやデザイン作業などのデータをデバイス間で同期していつでもどこでも利用できます。また、1つのデバイスで有料サブスクリプションを購入すると、他のデバイスでも使用できます。iFotoは引き続き進化し、日本のユーザーにより良いサービスを提供します。

https://www.ifoto.ai/ja/shopify-app

iFotoは2023年8月に設立され、2023年12月に商標登録されました。iFotoは「新世代のデジタル画像編集およびデザインAIツール」と評価されています。2024年4月現在、iFotoは全世界で合計100万人のユーザーを抱えています。日本では、iFotoはオンラインバージョンとアプリバージョン(iOS/Android)を提供しており、どちらも日本語で利用可能です。

Zozo
Author: Admin Z

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *