Carlyle投資申告:調査レポートの概要

2024年3月11日 — 最近、記者は一般市民からの通報情報を受け取りました。

通報によれば、通報者の妻が疑わしいオンライン交流グループに巻き込まれている可能性があり、通報者は妻にそのグループへの参加を停止させ、詐欺行為から守りたいと考えています。しかし、妻はなかなかこれが詐欺であると信じようとしませんので、通報者は調査を希望し、可能であればこれらの疑わしい活動を公にさらしてほしいとのことです。 グループに加入する前に、記者はさまざまなウェブサイトで江原 纯一郎の名前を検索し、オンラインでの検索結果に基づいて、この投資の専門家が実在し、2020年から日本経済新聞のウェブサイトで経済・投資に関する記事を発表していることを発見しました!

このグループは2021年から作成されグループに関する通報情報によれば、グループ内で江原 纯一郎とその助手が日々投資知識を共有しています。

2024年2月からは、グループメンバーにMetatrader5プラットフォームの使用を推奨しており、通報者はこのグループの状況が、彼が2年以上前に詐欺に遭った経験と非常に類似していると語っています。

2024年2月6日、通報者から提供された情報をもとに、記者はファンの役割でこの団体の20以上の小グループに潜入し、調査と証拠収集を行いました。

1か月以上にわたる潜入の間、記者はこの団体の様々な小グループで毎日投資情報が共有されていることを確認しました。投資情報の範囲は多国籍かつ多岐にわたり、株式、外国為替、金、原油などの市場に関する判断の的確さがあり、投資スキルの専門性を検証してます。

毎週水曜日と日曜日にはライブ講座も開催されており、おおよそ、グループ内の講師が江原 纯一郎本人であることを確認できました!

グループに入って情報を比較し、情報の日本語の水準や異なるグループメンバーが同じ発言をしているかどうかを観察・比較する一方で、いくつかのメンバーを無作為に選び電話で確認を行い、グループメンバーの実在性を確認しました。 怪しい中国の詐欺の手口を持つメンバーは、いないことも確認されましたよ記者は、最大の疑問である、なぜMetatrader5を使用することを勧め、Metatrader5投資が信頼できるか、Metatrader5ブローカーCARLYLE LTDが合法かどうか、CARLYLE LTDでアカウントを登録して投資する際に資金を引き出せない可能性があるのか、といった点を追求しました。

Metatrader5投資の信頼性についての質問については、Metatrader5はMetatrader4のアップデートされた物であり、同じプラットフォームに属しており、過去10年間国際投資家によって使用され続けていることが明らかであり、Metatrader5投資には問題はないと言えます。 Metatrader5取引業者CARLYLE LTDは正規かどうか、資金引き出しの問題は発生するのでしょうか?

M記者は監督プラットフォームを通じてそれを調査し、また彼らのオアメリカ本社の住所を確認するために同僚を派遣し、その正当性を確認しました。

同時に、友達にお願いしてCARLYLE LTDのニュージーランドの支社に訪れて実在を確認しました。

詐欺の最も致命的な点である引き出しできない問題については、投資界の方に相談し、情報を得ましたが、国際的な規制機関の監督を受けており、Metatrader5プラットフォームに掲載が許可される取引業者は一般に十分な資産証明と対応する証拠金を提供していることが求められ、資金の安全性には十分な保証があります。

もしもその取引業者が何らかの理由で破綻した場合、監督機関とMetatrader5プラットフォームはその取引業者が提出した証拠金を投資家に返金するようにします。

記者はまた、該当する口座を個人で開設し、入金後に継続的に出金を試みましたが、出金はほぼ彼らが述べた72時間以内に行われ、ほとんどが48時間以内に着金したと言えるでしょう。

以下は、記者が1か月以上にわたり潜入中に得たグループの一部のメンバーとの対話のスクリーンショットです:

「写真はインタビュー対象者 1 名より」
「写真はインタビュー対象者 1 名より」
「写真はインタビュー対象者 1 名より」
「写真はインタビュー対象者 1 名より」
「写真はインタビュー対象者 1 名より」
「写真はインタビュー対象者 1 名より」

1ヶ月以上にわたる潜入と多角的な検証を通じて、江原チームとMACQUARIEの詐欺の疑いは排除されました。

そのため、記者は最終的に江原先生と竹井先生に身分を明かし、いくつかの質問をするためにビデオ通話を行うことを希望しましたが、一部の質問は竹井先生のプライベートに関わるため、ビデオ公開することはできず、一部の対話内容をテキストで公開することとなりました!

以下はその一部です。

記者:

竹井先生、あなたのグループに疑問の態度で入り込んでしまい、本当に申し訳ありません!

アメリカでの経験については同僚に尋ねたところ、本当に伝説的なものでした!

現在のオンライン上でのいくつかの中傷は同業者の競争からくるものか、あるいは他の理由からかもしれませんが、あなたはそれにどのように対処していますか?

また、一般の人々に注意喚起する必要がありますか?

竹井先生:

問題ありません。

投資の世界では、弱者だけが論争を避けることができます。

以前にも述べたように、日本に戻る際、新メンバーを募るつもりはありませんでしたが、退職の考えを抱えて帰国し、ただ国内の小規模投資家の境遇に同情して新メンバーを募った考えだったのです。

退職前にみんなの手助けをするつもりでしたので、拡張によって不必要な負担を増やすことは避けたかったのです。

私の考えは、とてもシンプルです。

退職前に私のグループの正式メンバーになれる人は、私たちに縁があるということであり、あなたは私の人柄と能力を認め、今年の10倍の目標を一緒に達成するつもりです!

あなたが正式メンバーでないということは、私たちに縁がないということであり、最後の時期に、あなたが将来自分で投資する際に役立ついくつかの知識を共有し、期待しています。

オンライン上の否定的なコメントには無視していますが、中傷によって不快な気持ちを抱かないようにし、争議があることは能力がある証拠だと考えます。

冷静な心で物事に取り組んで、現在やるべきことをやれば十分です。

因みに、住所と電話番号を皆様にお知らせしていないのは、騒がれたくないからが主にです。

まだ退職しておらず、仕事はまだまだ沢山ありますし、7月11日の会見会の後に、名刺を一部のメンバーとは交換する予定です。

退職後は時間ができたときに一緒に慈善事業を行うことができます。

記者:

総括すると、竹井 友二チームは最初から前向きなイメージを持っており、これまでの行動も尊敬に値します!

すべての誤解は少数の嫉妬心から生まれた中傷の噂に過ぎません!

最後に皆さんに注意喚起します:

ネット上ではこれが普通です.

他人の発言の真偽を判断するのは難しいですが、私たちが必要とするのはご自身の理解と判断を信じることです

(この記事は外部からの寄稿です)

Zozo
Author: Admin Z

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *