2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ? | ランキングレビューサイト-ゾゾニュース

2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ?

  • 2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ? はコメントを受け付けていません。

《1日1分》2週間でシミ+肌のキメを劇的改善して美白に!保湿も♡

48歳・2週間使用後

31歳・2週間使用後

24歳・2週間使用後

スタッフが実際に体験レポしてみました! 驚きの結果は ⇒こちら


2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ?
Pocket

2015年も箱根駅伝が開催されますが、優勝はどこでしょう?

この記事は開催前ですが、記事後半に優勝チームについてもまとめています!

 

sponsored link

 

また、エントリーしたイケメン特集も組みました!

ぜひぜひ注目選手をご覧ください!

 

それにしても、エントリーするまでも大変なのに、

学生さんたちは、年末も一生懸命になって練習しています。

 

そんな、輝かしい青春を感動あるものに変化させてくれる、

若いエネルギーに感謝しつつ、しっかりと応援したいものですね。

 

それでは、本文でお会いしましょう〜。

 

箱根駅伝のちょっとした雑学

「そもそも箱根駅伝って、いつはじまったの?」

先日、後輩に聞かれて全く答えることができませんでした(笑)

 

先輩としてカッコつけたかったのですが、

恥ずかしながら「し、しらんよ」と素っ気ない態度を^^;

(あとでこっそりスマホで調べましたけどね。)

 

箱根駅伝は97年前に初めて行われました。

実は約100年の歴史を持つ大会だったのですね!

 

 

sponsored link

 

 

しかも、当時の距離は23区間で516キロ!!!!

 

今の箱根駅伝は、10区間で217キロですから、

倍近く多く走っていたのですね〜。

 

さらに3日間、昼も夜もず〜と走っていたそうです!

夜とか大変ですよね^^;さむいし、眠いし。

sponserd link

 

でも、仲間のためにタスキを届けるという意思が、

選手を走らせるのでしょうね〜。

 

ちなみに、当時は第一次世界大戦が終了したときで、

国全体がどんよりしていたとか。

 

そのタイミングで始まった大会なので、

多くの選手が「やってやろうじゃなか!」と、

気合十分で走っていたそうなんです。

 

当時の写真を見ると、ほとんど道しかない田舎ですが、

これでも東京都大田区の六郷橋です。

 

2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ?
出典:http://hakone-ekiden.jp/about/index.html

 

こんな中をひたすらに走る選手には、

いったいどんな景色が広がっていたのでしょうか。

 

いまでは、ビルばかりで対して景色も変わらないから、

昔の駅伝の方が、走っていて楽しかったのではないかな^^

 

2015年のエントリー大学

2015年のエントリー大学はこちらです!
ずら〜っと21チームを並べました!1

東洋大学

駒沢大学

日本体育大学

早稲田大学

明治大学

青山学院大学

日本大学

帝京大学

拓殖大学

大東文化大学

神奈川大学

国学院大学

東海大学

山梨学院大学

sponserd link

中央学院大学

上武大学

中央大学

順天堂大学

創価大学

関東学生連合

 

ちなみに、2014年の優勝チームは、

「東洋大学」でした!

 

東洋大学は、2年振り5度目の優勝でした。

ここ最近は、メキメキと頭角を現しているようですね^^

 

対して、2014年11月の大会で4連覇を達成した、

駒沢大学もかなり注目をされています。

 

そして、駒沢大学の強豪チームとなっているのが、

青山学院大学、明治大学、早稲田大学、となっています。

 

この、東洋・駒沢・青山・明治・早稲田が「5強」と称され、

今回の大会では、かなり激戦が繰り広げられると予想しています。

 

いつどこで抜かれてしまうかわからない箱根駅伝。

最後まで目が話せませんよ〜。

 

優勝チームはどこ?!

され、箱根駅伝の前ですので、予想しかできませんが、

優勝チームはどこでしょうか?

 

管理人の調べた情報と予想から判断すると、

優勝は「駒沢大学」ではないかと思います。

 

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?
出典:箱根駅伝2015/陸上競技マガジン1月号増刊号/ベースボールマガジン社

 

案外、前回優勝した東洋大学は、

王者のプレッシャーから、あまり良いタイムが出ないと思うのです。

 

「5強」のなかでも、もっとも伸びているのが、

sponserd link

11月の大会で4連覇を達成した駒沢大学。

 

駒沢大学は駅伝の歴史も長いですし、

優秀なコーチもいます。

 

ノリの乗っているチームを止めることは難しいですから、

このまま駒沢大学が突き進むのではないかと思います^^

 

あくまで予想ですが、結果はいかに?!

 

まとめ

毎年恒例で、白熱間違いなしの駅伝大会ですが、

今年もばっちり観に行こうかと思います。

 

選手って近くで見ると、すごい早いんですよ!

そんなスピードでよく持つな〜と。

 

ずっと練習してきている選手ですから当然だとは思いますが、

本当にびっくりしますよ^^;

 

まだ、観に行ったことがないかたはオススメです♪

 

いつも最後までお読みくださり、本当にありがとうございます

 

追記

優勝は青山学院大学でしたね!

96年越しの悲願の初優勝でした^^

 

駒沢大学も往路の5区でアクシデントもあり、

とても残念でしたが、青山学院大学のすばらしい走りに感動しました!!

 

2人目の山の神が出てきて、今後も期待できますね♪

 

【関連記事】
箱根駅伝2015にエントリーした駒沢大学の順位を予想!

2015箱根駅伝の予想を超えた優勝チームは?!エントリー選手が決定打

2015箱根駅伝にエントリーした大学から優勝を予想!イケメンはだれ?

箱根駅伝2015の順位予想は?!駒大、東洋、早大、明大、青学のどれ?

本で話題の「ラン活」!ランニング効果で健康な毎日を

箱根駅伝2015の注目選手!兄弟でエントリーした東洋・服部とは?

箱根駅伝2015の予想順位は?開始時間はいつ?エントリー校は?

この記事を書いた人

なかやん
なかやん
ウェブサイトをつくったりしている20代男。筋トレをこよなく愛しており、筋トレサークルを立ち上げてしまったほど。睡眠時間が十分でないと、記事作成に支障がでる、燃費非効率なボディに悶々としながら、1つ1つのライティングに思いを込めています。
sponsored links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る