一風堂五反田店でカロリー無視してラーメン食った。もやし最強説 | ランキングレビューサイト-ゾゾニュース

一風堂五反田店でカロリー無視してラーメン食った。もやし最強説

  • 一風堂五反田店でカロリー無視してラーメン食った。もやし最強説 はコメントを受け付けていません。

《1日1分》2週間でシミ+肌のキメを劇的改善して美白に!保湿も♡

48歳・2週間使用後

31歳・2週間使用後

24歳・2週間使用後

スタッフが実際に体験レポしてみました! 驚きの結果は ⇒こちら


一風堂五反田店でカロリー無視してラーメン食った。もやし最強説
Pocket

「ついつい食べたくなる味なんだよな」

 

実は、カロリーが○○だって知っていましたか?

(答えは記事後半にあります。)

sponsored link

 

通なファンを確実に増やしている博多一風堂ですが、

先日、飲み帰りにフラッと一風堂五反田店へ行ってみました。

 

そして、そこでのレポートをまとめてみましたよ!

 

一風堂五反田店はカウンターやテーブルが充実しており、

けっこう雰囲気が良かったですよ〜。

 

カロリーの秘密も、記事後半にて紹介しています^^

 

 

場所や営業時間について

うわ〜こんなとこにあるんだ!

と、いうのが私の最初の印象でした。

 

そのときは飲み帰りで、雪がシンシンと降り注ぐなか、

むかった先は、一風堂五反田店。

 

場所は、ここです。

 

その日は、あたりが工場中で、

そもそも一風堂の存在に気が付きませんでした(笑)

 

sponserd link

しかし、さむいな〜腹減ったな〜などと考えていると、

道の向い側に見覚えのある看板が!

 

「い、一風堂?!ここに?」

これ、思わず出た独り言です(笑)

 

そして、有無を言わさず真っ先に横断歩道を渡り、

いそいそとお店の前へ。

 

お店の外観はこんな感じです。

 

これが、真冬の深夜で、寒くて独りで歩いていてお腹が空いていたら・・。

 

この外観を見た瞬間に、

99%の人がふら〜と寄り道してしまうのではないでしょうか?

 

やっぱり強烈なインパクトがありますよね(笑)

 

管理人は、目がハートではなく、

目がラーメンになったような状態で、

入り口に立っていました^^;

 

そして、ちょっと分かりにくのですが、

管理人は入り口を間違えてしまいました!

 

いや、忘年会で飲み過ぎだけだったかも知れませんが(笑)

ぜんぜん、空かないな〜などと思っていると、

sponserd link

中からお客さんが違う場所からでてきてくれました^^;

 

sponsored link

 

ものすごい恥ずかしい思いをしながら、

ようやく暖かい店内に入ることができました!

 

深夜だったのに「へい!らっしゃい!」と、

元気よく店員さんがお出迎え。

 

いいですよね、こういうの。

寒い思いをして歩いていたことが一気に忘れてしまいます。

 

今回はカウンター席に座りました。

 

これが五反田店。いい雰囲気

店内はこんな感じです。

カウンター席から、テーブル席を見たところです。

一風堂五反田店でカロリー無視してラーメン食った。もやし最強説

 

 

ちょっとわかりにくいですが、

縦長の店内になっています。

 

BGMもジャスになっており、

深夜なのにとってもいい雰囲気。

 

ちなみに、安定のお茶はこちら。

sponserd link

これ、独特な味がするんですよね〜。

一風堂五反田店でカロリー無視してラーメン食った。もやし最強説

 

 

こちらのお店は、テーブルにお茶が設置してあるので、

いちいち店員さんを呼ぶ必要がありません^^

 

また、無料トッピング類もテーブルに常備してあります。

ですから、無心になってラーメンを食うことができるわけです。

 

いや〜これがたまらんところです。

 

気がつけば外では雪がしんしんと振り注いでいました。

 

そんな季節か〜なんて思っていると、

深夜なのに、続々と人が入ってきます(笑)

 

団体で2組入ってきて、個人でも数人。

あっという間に7割の席が埋まってしまいました・・!

 

おそるべし、一風堂!

 

雪で客を呼びこむなんて、

そこらの飲食では真似できない技です。

 

さすが、ブランドの力ってのはすごいですね〜。

〜続く〜

この記事を書いた人

なかやん
なかやん
ウェブサイトをつくったりしている20代男。筋トレをこよなく愛しており、筋トレサークルを立ち上げてしまったほど。睡眠時間が十分でないと、記事作成に支障がでる、燃費非効率なボディに悶々としながら、1つ1つのライティングに思いを込めています。
sponsored links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る